1.ビザ、在留資格申請

  • ビザや在留資格の悩みは誰に相談すればよいの?

どういった書類を提出すればよいのか?申請しても取得できる可能性があるのか?どういった資格を申請すれば良いのかわからない?という悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

確かに、申請する在留資格やその方の経歴及び状況によって要件や必要書類が異なります。また、どの在留資格に該当するのか、そして許可がおりるかどうかの判断が難しい場合もあります。とはいっても、一般の方にとって、電話のつながりにくい入国管理局に問い合わせをすることは大変な作業です。こうした場合は、ぜひ専門家にアドバイスを求めましょう。国際業務に精通した行政書士は外国人の在留資格に関わる申請のアドバイスが可能です。

  • 申請取次行政書士をご存知ですか?

日本滞在を希望する外国人の増加に伴い、入管は日本で最も混雑する行政機関の一つとなりました。日本に在留する外国人は申請を行う際、本人自ら地方入国管理局に出頭して申請書類を提出しなければならないとされています。しかしながら、申請手続きのため入国管理局の長蛇の列に並ぶことを苦痛に感じる方も多いと思います。

実は、面倒な書類の作成や申請手続きを専門家(申請取次資格を有する行政書士)に依頼できるということをご存知でしょうか?申請取次行政書士が多忙な本人に代わって申請手続を行なうため、本人の出頭が免除されるのです。なかなかお休みがとれない方や忙しい方は、面倒な手続きを専門家に依頼することで仕事や学業に専念できます。専門家の力を借りてご自身の問題を解決することも選択肢の一つとしてぜひご検討ください。

面倒な申請手続きは専門家に任せましょう

当事務所では、申請取次行政書士として在留資格、永住申請、帰化申請などの国際業務全般を幅広く行っております。

  • 外国にいる外国人の招聘のための在留資格認定証明書の申請
  • 日本にいる外国人の在留期間更新許可申請
  • 日本にいる外国人の在留資格変更許可申請
  • 日本にいる外国人の永住許可申請

留学から就労(人文知識・国際業務、技術等)への変更、家族の呼び寄せ(家族滞在)の申請、就労から日本人配偶者等の身分系在留資格への変更、永住申請、帰化申請、資格外活動許可や就労資格証明書の申請等をお手伝いさせて頂きます。

中国語でのご相談お受けします。いつでもお気軽にご相談ください。